妊婦に必要不可欠な栄養素

葉酸サプリを飲まないと胎児に障害がでるの?

 

胎児を育む妊婦には、多くのものが求められます。健康的な生活や、無理のない行動はもちろんですが、新たな生命を形成する栄養素を、しっかり補給することを忘れてはいけません。

 

カルシウムやたんぱく質などは、積極的にとるべき成分として、よく知られているところですが、実は、さらに大切な栄養素が存在します。それが、葉酸です。これは、水溶性ビタミンの一種であり、ほうれん草の中から見つかったことが名前の由来とされています。

 

この成分は細胞の生産や再生の働きで、体の発育には欠かせないものです。事実、厚生労働省も妊婦に対して、1日あたり400μgの摂取を呼びかけています。持続してとるには、なかなか難しい量ではありますから、葉酸サプリなどを利用するのがおすすめです。

葉酸不足が引き起こす先天性の障害

なぜ、これほどまでに葉酸サプリの使用が勧められているかというと、葉酸不足が、胎児に先天性の障害の原因となることが指摘されているからです。それは、神経管閉鎖障害とよばれるもので、妊娠の初期において、胎児の脊髄や脳の発育に、深刻な遅れが見られることを指します。

 

それが重度になると、脳が形成不全に陥り、死産にさえ繋がってしまうのです。

 

脊髄においても重度の障害が残ってしまい、堕胎という辛い決断をされる方も少なくありません。妊娠初期というものは、人生においてもっとも細胞分裂の働きが求められる時期です。そこになくてはならない葉酸の不足は、胎児への不幸に直結してしまいます。そうした悲劇を防ぐためには、葉酸サプリによる積極的な摂取が必要不可欠といえるです。

食事よりも葉酸サプリが有効な理由

胎児の健やかな発育を促すためには、葉酸サプリの利用が極めて有用です。

 

もちろん、葉酸というものは、ほうれん草やブロッコリーなど、緑黄色野菜に多く含まれます。他にも、レバーや大豆などからもとることは可能です。だからといって、葉酸サプリがいらないという理由にはならないのです。

 

食材に含まれている葉酸というのは、水や光、そして熱にさえ弱いものです。

 

そのため、調理の段階で多くが失われてしまい、知らず知らずのうちに不足していることも少なくありません。

 

その点、葉酸サプリならば凝縮された栄養素を、無駄なくとることができますから安心です。また、野菜などは天候不順などで値段が上がりがちですが、葉酸サプリは常に安定した値段で購入することができます。コストパフォーマンスにも優れた葉酸アプリで、母子の健康を守り抜いていきましょう。