葉酸サプリとはどのようなものか

葉酸サプリは、ここ数年で妊娠中に飲むといいものとして定着しました。葉酸とは、ビタミンBの一種で、水に溶けやすく、熱に弱いという性質から、食べ物から摂取するのが難しい栄養素です。

 

神経の発達に欠かすことができない栄養素なので、妊娠中に必要不可欠です。赤ちゃんの先天性異常を減らすという効果もあるので、妊娠に気づいたらすぐに葉酸サプリを飲むという人が増えています。

 

葉酸は、レバーはほうれん草など、毎日食べるのには難しい食品に多く含まれていて、調理によってさらに破壊されてしまうため、食事から必要量を取るのが大変です。

 

葉酸サプリであれば毎日手軽に取ることができます。葉酸というのは、レバーを1日に大量に取るよりも、毎日継続的に取った方が体へいい影響があります。

葉酸サプリで小児喘息の確率が上昇するのか

葉酸サプリ

 

葉酸サプリを妊娠後期に飲んでいると、小児喘息になりやすくなるという話を耳にした女性は多いでしょう。

 

赤ちゃんのために飲んでいるサプリメントにそのような効果があることは、妊婦さんにとって大きな不安になります。

 

しかし、このデーターは後期に葉酸サプリによって葉酸を1日に1000μg摂取した人のデーターです。日本で妊婦さんの葉酸の1日摂取目安量は400μgです。いくら体や赤ちゃんの成長にいいからといって、倍以上の量を飲み続けてしまったら、悪い影響が出てしまうのも納得できます。

 

小児喘息が心配だから葉酸サプリを辞めるという考えではなく、きちんとデーターを見て、どうしてそのような結果が出たのかを知ることが大切です。目安量を守れば、小児喘息のリスクはありません。

葉酸サプリを飲むときの注意点

葉酸サプリは、摂取目安量を守ることが大切です。

 

どの商品も、パッケージなどに1日に何粒飲めばいいかが記載されているので、必ず守るようにしましょう。

 

前日に飲み忘れたからと言って、次の日に倍の量を飲む必要はありません。

 

サプリメントはあくまで食品で、薬ではないので厳密に飲む時間などの指定はありません。厚生労働省からも、葉酸摂取量は1日1mgを越えるべきではないという勧告を行っています。1mgというのは1000μgと同じ量のことです。

 

天然由来の葉酸から作ったサプリメントの方が体にはやさしいです。化合物や添加物が多く含まれていると、分解されるのに時間がかかり、肝臓などの臓器への負担が強くなってしまいます。過剰摂取をすると、食欲不振やむくみなどの症状があらわれます。